推拿故事

  • LV 8 단비
  • 비추천 0
  • 추천 0
  • 조회 215
  • 2020.02.08 21:41
  • 문서주소 - http://ec2-52-194-161-77.ap-northeast-1.compute.amazonaws.com/bbs/board.php?bo_table=tiyan&wr_id=439053
推拿物語 緊急編
最近コロナウイルスに関したニュースが多いです。世界中の国々が感染広がり防止に専念しています。でも、<これだ!>と言う治療策も防止策も見つからない状況が続いています。
ここで、私は自分なりの見解を述べさせて頂きます。
1、コロナウイルス発生源について
今、コロナウイルス発生地について中国の武漢を指摘しています。発生源については市場の野生動物からの感染説がありますが、野生動物同士の感染だったら動物同士での感染が先で、中国武漢の市場だけではなく、世界あちこちで多発性に発見されるはずです。いったいどうして?私も分かりません。
2、コロナウイルスの感染経路
大きく二つの経路を考えられます。
1 飛沫感染
 空気中に飛び散らき、それを吸い込んで起きます。対策としては換気性のいいところにいる事、つまり大勢の人達が集まっている場所にはいかない事、そして常にマスクを着用することです。
2 接触感染
 感染者が触った手すり、食器、衣服等を触って感染される事です。公衆機関や部門に出かける時は常に手袋をして、家に帰って来たらこまめに洗濯洗いする事です。
3、コロナウイルス予防治療には
 コロナウイルスが拡散して2ヶ月以上立っています。今も、世界的に<この薬だ!>という特効薬は見つからず、拡散していくばかりです。
 今の私達はコロナウイルスとどう立ち向かうべきか?私は基本、どんな厳しい病気でも個人差によると思います。コロナウイルスも同じです。感染者の主流は中、高齢者です。年齢と共に呼吸器の性能が低下している年齢層です。マスク、手袋等の対策もとても必要ではありますが呼吸器の機能アップ(呼吸器の免疫力を高める)にも心をかけましょう。
 呼吸器の機能アップにはどうすればいいのか?中国には太極拳等の健康保身体操があります。<じゃ、明日から太極拳をやる>では間に合いません。普段から長年間太極拳等の健康保身体操を続けてきた方だったらコロナウイルスに引っかかる確率もうんと低いと思います。しかし、目の前に来ているコロナウイルスにはどう対応すればいいのか?
人間の身体は長い年月使っている間、様々なダメージを受けています。私は長年間推拿をして来て、よく<痛めた身体のそこにはトゲが入っている>と表現します。マスク、手袋をして、貴方の体に合った施術院に通って、トゲを取り除き、呼吸器を活性化(免疫力を高める)させるのもとても大事だと思います。

추천 0 비추천 0

LV 8단비
  • MP : 20,036
  • SP : 0
XP (51%)
Lv 8
등록된 서명이 없습니다.
현재 게시판에서 작성한 게시물 더보기
Print