녀성분들 주의하세요!

  • LV 1 최극
  • 비추천 0
  • 추천 0
  • 조회 3440
  • 2014.01.17 23:57
  • 문서주소 - http://ec2-52-194-161-77.ap-northeast-1.compute.amazonaws.com/bbs/board.php?bo_table=tiyan&wr_id=436548
생리통(월경통)을 치료하는  「ヤーズ配合錠」를 복용하는것으로 작년에만 해도 녀성 3명이 사망했다고 일본정부 厚生労働省이 발표했습니다....
그래서 일본정부 厚生労働省은 그 약을 쓸 때 주의하라고 그래요...

혈압치료약 데타 위조, 백혈병치료약 데타 위조...일본 제약회사들의 환자들의 건강보다도 리윤을 앞세워 생기는 문제들이 일본에서 련달아 발생하고 있습니다... 





生理痛処方薬、投与後3人死亡=厚労省が注意喚起

時事通信 1月17日(金)18時37分配信

 厚生労働省は17日、重い生理痛である月経困難症の治療薬「ヤーズ配合錠」について、服薬との関連が否定できない死亡例が3例報告されたとして、医療機関に注意喚起した。
 
同省によると、昨年2~12月、服薬中の10~40代の女性3人に血栓ができ、死亡した。




<生理痛薬>「ヤーズ配合錠」副作用で3人死亡 厚労省発表

毎日新聞 1月17日(金)21時29分配信

 厚生労働省は17日、生理痛の軽減に使う「ヤーズ配合錠」の副作用による血栓症で、昨年1年間に3人が死亡したと発表した。同省は製造販売元のバイエル薬品(大阪市)に対し、医師向けの添付文書に、足の痛みなど血栓症の疑いがある場合は使用を中止するよう警告欄を設け、医療機関に文書を改訂したことを伝えるよう指示した。他の生理痛薬や避妊薬でも血栓症による死亡例が相次いでいるといい、注意を呼びかけている。

 厚労省によると、ヤーズ配合錠は女性ホルモンを配合し、生理痛の原因物質を抑制して症状を抑える。2010年11月の販売以来、今年1月7日までに延べ約18万7000人が使用。昨年2~12月、10代後半から40代の女性3人が副作用による頭や肺、足の血栓症で死亡した。同省は服用者に頭や足、胸の激しい痛みや突然の息切れ、急性の視力障害が起きた場合は直ちに使用を中止し、救急医療機関で適切な処置を受けるよう求めている。

 また、同様の成分を配合した医療用の生理痛薬やピルなどの避妊薬約30品目についても、04年以降に服用者が血栓症で計10人死亡している。服薬との因果関係は不明だが、同省はピルなども副作用で血栓症になる危険性があるとして、添付文書などを通じて医師や利用者に注意を求めている。【桐野耕一】




生理痛用ピルヤーズ配合錠で3人死亡 厚労省が注意喚起

朝日新聞デジタル 1月17日(金)20時57分配信

厚生労働省は17日、重い生理痛の治療薬として処方される低用量ピル「ヤーズ配合錠」(バイエル薬品)について、2010年11月の販売以降、副作用とみられる血栓症で3人が死亡したと発表した。利用者は延べ18万7千人にのぼり、バイエルに対し、添付文書に警告欄を設けて注意喚起するよう指示した。

 厚労省とバイエルの発表によると、最初に報告があったのは昨年6月。20代女性の脳に血栓ができ、薬を飲み始めて13日後に死亡した。2人目は死亡後に肺に血栓が見つかった10代前半女性で、今月には肺と足の血栓症による40代女性の死亡が報告された。

 20代女性と40代女性は足や頭の痛みで受診していたが、重くなるまで血栓症と診断されていなかったとみられる。症状は血栓ができた場所によって異なり、足や胸、頭の突然の痛み、舌のもつれ、視力障害などが現れる。早期の治療で重症化を防げるため、受診時にピルの服用を伝えるよう厚労省は呼びかけている。

 低用量ピルは生理痛の治療や避妊目的で利用者が増加。ピルは血栓が起こるリスクを3~5倍引き上げるとされ、厚労省によると、ヤーズ以外のピルでも04年以降、因果関係が不明なものも含め10人の死亡が報告されている。
朝日新聞社

추천 0 비추천 0

LV 1최극
  • MP : 5,111
  • SP : 0
XP (0%)
Lv 1
등록된 서명이 없습니다.
현재 게시판에서 작성한 게시물 더보기
Print